HEXAR メイン画像 06 HEXAR メイン画像 スマホ 05
HEXAR メイン画像 01 HEXAR メイン画像 スマホ 01
HEXAR メイン画像 02 HEXAR メイン画像 スマホ 02
HEXAR メイン画像 03 HEXAR メイン画像 スマホ 03
HEXAR メイン画像 04 HEXAR メイン画像 スマホ 04
HEXAR メイン画像 05 HEXAR メイン画像 スマホ 05

MISSION共に挑む。

フィールドを共に遊ぶ仲間、自分が本当に欲しいと思えるプロダクトを創る。志し等しい見知らぬ仲間たちにそれを捧ぐ。

厳しくも美しい姿で魅せる自然への好奇心、自らの限界の探求。その工程がより良き時間となることを約束する。

究極の保温力 HEAT RETENTION

究極の保温力。

極寒のフィールドでライダーたちへのブレーク。ヘキサーがあればコッヘルとバーナーは不要。強風の元で安定しない火力に悩むことはない。装備重量軽減・バック内容積の拡大だけではなく、貴重な行動時間を効率よく使える。

保温性能
95℃スタート・6時間後
82℃以上:800ml/80℃以上:600ml
保冷性能
4℃スタート・6時間後
7℃以下:800ml/8℃以下:600ml

※保温効力(保冷効力)とは、室温20度±2度において、
製品に熱湯(冷水)をせんセット下端まで満たし、縦置きにした状態で、
その温度が95度±1度(4度±1度)になった時からせんセット・コップセットを
付けた状態で6時間放置した場合の温度です。

HEXAR 究極の保温力 構造 画像 HEXAR 究極の保温力 構造 スマホ画像
  1. ヘキサゴン形状は放射伝熱量を減衰する空間を形成。
  2. 内コップは中栓を通じて逃げる熱を封じる。
  3. 内便の電解研磨と熱反射膜は、放射伝熱を効果的に反射・抑制する。
  4. 中栓の断熱材により保温機能強化。

真空中でも熱は電磁波となって空間を伝わる、それが放射。
放射伝熱量は物体から距離の2乗に反比例して減衰。
例えば、熱を放射している物体からの距離が2倍なら、
熱は4倍の面積に拡散、伝熱量は1/4となる。

確かなグリップ GRIP

確かなグリップ

握るかたち。

物を握る手の骨格は六角形の4辺を形成。人間工学的にグリップ性を追求するなら、ボトルはこのデザインとなる。 握りやすく滑りにくいだけではない。転がりにくいという安全性、保温性と剛性をも高めるこのカタチはフィールドにおいて 様々なメリットを生む。

確かなグリップ

転がりにくい安心。

リスクを回避する、躊躇なく置ける
丸い物は転がる。岩場など不安定な場所に 置いたボトルの落下は他の登山者への危険、 水分の喪失、破損のリスクとなりかねない。

確かなグリップ

安心の装備。

標準装備のリーシュベルトをコンプレッションベルトに装着することでバックパックサイド ポケットからの落下を防ぐ。使用時は簡単にリリースできるのでボトルへの迅速なアクセスに落ちない安心を提供。

HEXAR 商品詳細情報
6houers later 80℃ 600ml
  • 大きさ:87×87×268mm
  • 実容量:0.6リットル
  • 保温効力:80度以上(6時間)
  • 保冷効力:8度以下(6時間)
HEXAR 商品詳細情報
6houers later 82℃ 800ml
  • 大きさ:90×90×331mm
  • 実容量:0.8リットル
  • 保温効力:82度以上(6時間)
  • 保冷効力:7度以下(6時間)
HEXAR 商品詳細情報 HEXAR 商品詳細情報

ユーティリティ UTILITY

カップヌードルなら
2つできる。

500mlでは足りない、900mlは持て余す。フィールドに挑み、遊び尽くす仲間と求められる最適な容量を導き出した。カップヌードル標準サイズの必要湯量は300ml、容量500mlで作れるのは1人分まで。600mlならカップヌードルを食べる楽しみ2人分、容量800mlなら+温かい飲み物を2人分。
美味しい感動も2人で共有、それがHEXARの基本コンセプト。

※カップヌードルは日清食品グループの登録商標です。
使用湯量 300ml のカップヌードルでの換算サイズとなります。

2人で使う、
使い分ける。

180ml(1合)の外コップと100mlの真空 二層構造の内コップ(ともに満水時)はパートナーと自分用、あるいは雪上でも冷めにくい飲み物とフリーズドライ食品を。
外コップ内側の計量目盛りは各種フリーズドライ食品を適正湯量で戻すのに役立つ。
スタッキングできるのでコンパクトに収納。

定番を美味しく。

フィールドの行動食に便利なフリーズドライ。 山グルメの定番、アマノフーズ 三ツ星キッチン※ クリームパスタシリーズが丁度よく収まる事を考えて設計されたカップは戻す前のブロックを崩さず、内部計量目盛りで適正湯量を。

使う人に
細やかな配慮。

1. 簡単に着脱できるカップハーネスは未使用時の置き場所に困ることなく、稜線の強風で軽い樹脂カップが飛ばされるリスクを無くす。
2. 樹脂カップに刻まれた凹凸はカップの着脱を容易にするだけではなく、熱湯を注いだ際、指に接する面を減らして火傷のリスクを減少。

タフネス。

落下衝撃を吸収するアンダープロテクタ& プロテクトリングは岩場でのヒットから 本体を守る。ヘキサゴン形状は捻じれ、 衝突圧力に対する高い剛性を実現、変形に よる保温機能喪失の確率を下げる。

■ ボトルシェル
独創の設計手法 ・ 加工技術でこの形を実現。 耐久性を優先した鋼材はt0.35-0.5mm
■ ボトルインナー
極限のプレス技術で 0.12mm の薄さまで圧延、軽さを追求。腐食に強いステンレス鋼材を使用。

スリム収納。

細身の 800ml モデルはバックパック内を 余計に占有することなく隙間に収まる。 ストラップは押しこめられたパック内からの 取出しを容易にする。

アンバサダー AMBASSADOR

HEXAR アンバサダー

最新商品なんだからいちばんじゃないと意味がない。うちらみたいな冬に最も寒いとこ行く人種にこの保温力はありがたい。
あと真空断熱のコップが標準装備っていいね、冬山ではどんな保温力高いボトルでもプラスチックのコップでは注いだ瞬間からぐんぐん冷えてくからね。

HEXAR アンバサダー

うわー 便利な工夫がたくさん、至れり尽くせりですねー
でも一番すごいのは厚いグローブでもしっかりと持てて、使えること、カップ着脱も何周も回さなくていいって楽です!

HEXAR アンバサダー

転がらないって考えたねー 机の上の鉛筆と一緒だ(笑) 夏山でも天候急変の時って、カッパ取り出すために慌てて中の装備を周りに置いて落っことすことってある。なんで今までこういう発想無かったのか不思議なくらい。他は普通のボトルだけどこれ違うよね、理にかなってる。

HEXAR アンバサダー

3年くらい前、友達が鎖場で山ボトルを谷に落とした。サイドポケットからスルッと逃げたみたい。買ったばっかだったんで彼女は大ショック。でも、下に人いなくてほんと良かったと言ってたよ。なのでボトルにリーシュあるとほんと安心、ってゆーか これあたしのアイデアなんだから2本位よこしなさいよ!

HEXAR アンバサダー

これはあたしのために作られたボトル!山で使うボトル欲しかったけど、これ良いですね。サイズ感と容量が理想、カラー、デザインも好み。カップは一合と覚えておけば、目盛りもあるし夏のキャンプとかでも便利に使えそう。

HEXAR アンバサダー

超かっちょえー!見た瞬間の第一印象。ボトルを開発中とは聞いてたけど、想像を上回るデザイン。性能も凄いし物欲そそられまくりっす。
今まで見たことない6角形が目を惹くけど、これって簡単に作れるような代物じゃないですよね?コップを外す仕組みとかシンプルだけど細やかな工夫。これ友人やお世話になってるショップにも薦めますよ!

HEXAR アンバサダー

ぎょーさんアイデア詰め込んではるし性能も凄い、これコスパも最強やね、いー仕事してはる。
今使ってるのボロボロやし買わせてもらいますわ。ただの雪山好きのおっさんか思うてたけど、こんなもん作ってる人やったんか、それも驚いたわ(笑)

TOP